スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「枝野流政治」とは?その神髄を早く見せろ(産経新聞)

【松本浩史の政界走り書き】

 菅直人首相の側近である荒井聡国家戦略担当相の事務諸費問題、菅政権が郵政改革法案の今国会での成立を断念したことに伴う亀井静香郵政改革・金融相の辞任…。政権が8日に発足してまだ1週間もたっていないのに、政府・与党のドタバタぶりはすでに政権末期の雰囲気さえ漂う。

 前途多難を思わせる「菅・日本丸」の船出に当たり、党側では、政界の常識からみたら若さが際立つ46歳の枝野幸男衆院議員が、幹事長に“大抜擢(ばつてき)”された。自他ともに小沢一郎前幹事長とは距離を置く、「小沢嫌い」として知られる。

 「そのときの話といえば、選挙とお金のことばかりでした。小沢氏についていけば、次の選挙では金も票も面倒みる、というようなことばかりを言っていました」

 細川護煕元首相が退陣表明した平成6年4月、旧日本新党所属の1年生議員だった枝野氏は、旧新生党幹事長として、政界に隠然たる影響力を持つ小沢氏と都内の中華料理店で会食した。そのときの様子を自著「それでも政治は変えられる」で振り返っている。

 そして、こう結んだ。「改革を言っていますが、それは権力を握るための道具でしかない。本当に改革する気はないのではないか。これは今も変わらない、私の小沢氏への評価です」。この書籍は、平成10年5月に出版されている。それから12年たった今も、小沢氏に対する枝野氏のそれはまったく同じなのだ。

 民主党の一部関係者しか知らないが、菅氏は小沢代表当時、両氏のギクシャクした関係を危惧(きぐ)し、双方がわだかまりを捨てて政権交代に向けて助け合った方が得策だと考え、「和解の席」をセットしようとした。だが、受け入れた枝野氏に対し小沢氏は嫌がり、実現しなかった。

 幹事長として、夏の参院選をどう乗り切るか。負ければ本人の引責辞任はもちろん、菅政権も短命に終わる。薬害エイズ事件での活躍ぶりで知られるように、政策マンとしては「全国区」となったとはいえ、選挙対策の実務とは縁遠い政治経歴を積んできている。

 それとのかかわりで、幹事長就任に伴う報道各社のインタビューでのやり取りに、布石を打ったな、と感じる枝野氏の発言があった。参院選の改選数2以上の選挙区で複数候補を擁立した小沢氏の戦略を踏襲する考えを示したことだ。

 報道各社の世論調査結果でも、菅政権の発足はおおむね好感されており、共倒れの懸念はないと判断したのは間違いない。だが、世論の動向は水もの。何かの不祥事が発覚すれば、揺れ戻しも大きい。政権支持率を保てれば、そのまま選挙戦に入ればよく、今後見直しに踏み切った場合でも、「脱小沢」の一環と位置づければ批判はかわせる-。そんな思惑が潜んでいるように思える。

 もともと、「政治とカネ」や普天間問題で支持率が急落していた鳩山-小沢体制で参院選に臨めば、単独はおろか連立与党でも過半数獲得が困難なことを見越し、選挙後の政局に頭をめぐらしていた節がある。 実際、「このまま小沢氏が幹事長のまま参院選に臨んでほしい」と周辺に語っていたし、選挙結果を突きつけて小沢氏を政界の表舞台から引き下ろす青写真を描いていたようだ。

 よもや幹事長という重責を担うことになろうとは、本人も予想だにしておらず、鳩山由紀夫前首相が辞意を表明して思いがけずに転がり込んできたポストだと感じている。しかし、だからといって手を抜くわけにもいかず、あくせくと毎日、党務にかけずり回っているのが実情だろう。荒井氏の事務所費問題など、いきなり政権の屋台骨を揺るがす激震に襲われているのだから、なおさらだ。

 尊敬する人物は、幕末に活躍した長州藩出身の兵学者、大村益次郎だ。

 「ああいう人間になりたいと思いますね。何かの部分で、こいつがこの役割を担わないと、ほかにやれるやつがいないという人間になりたい」(『政治家の本棚』、早野透著)

 大村は、日本陸軍の創始者とされ、急進的な改革に対する不満分子にきられ死去した。享年46歳だった。くしくも枝野氏と同じ年齢である。

 「ほかにやれるやつがいない」発言の覚悟よしと言いたい。だが、「枝野流政治」の神髄は、まだよく国民に伝わっておらず、すべてはこれからの言動と結果にかかっている。

【関連記事】
脱小沢化も参院選は「遺産」活用
首相、「7・11」へ フルスロットル 熊野古道で再生誓う小沢氏…
参院東京選挙区「3人擁立難しい」 枝野民主党幹事長
石原知事「亀井はニヤニヤ笑っていると思う」
枝野幹事長 外国人参政権法案「拙速にできぬ」
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

授業中、女子高生が同級生に刺され重傷(読売新聞)
生まれ故郷で笑顔、菅首相が山口・宇部を訪問(読売新聞)
都城でも口蹄疫か 飛び地感染? 9頭殺処分へ(産経新聞)
公安庁がオウム関連2施設に立ち入り 新拠点と最大拠点(産経新聞)
逮捕の女性、処分保留で釈放=「偽医師」事件―盛岡地検(時事通信)
スポンサーサイト

柏崎刈羽原発1号機、運転再開=中越沖地震後3基目―新潟(時事通信)

 東京電力は31日、新潟県中越沖地震で被災し運転停止中の柏崎刈羽原発1号機の試験運転のため、原子炉を起動させた。地震後の運転再開は、既に営業運転を始めた6、7号機に続き3基目。
 東電によると、同日午後2時から制御棒の引き抜き作業を始め、原子炉は約5時間半後に臨界に達した。東電は試験期間の目安を30~50日としており、早ければ7月上旬に営業運転に移行する見通し。 

【関連ニュース】
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
【特集】もんじゅ運転再開~信頼は取り戻せるのか~
〔写真特集〕高速増殖炉「もんじゅ」
島根原発、差し止め請求棄却=「具体的危険ない」

民主・小林千代美氏陣営の選挙違反、控訴審も有罪(産経新聞)
長谷川穂積「世界一強い父、再び見せたい」 ベスト・ファーザー賞に8人(産経新聞)
鳩山首相、ヒヨドリ辞任…小沢幹事長を道連れ(スポーツ報知)
退陣前にねぎらい次々=鳩山首相(時事通信)
リニア中央新幹線 迂回ルートにこだわらず 長野県知事(毎日新聞)

<面会権侵害>任意聴取容疑者の面会拒絶は違法 東京地裁(毎日新聞)

 任意聴取中の容疑者との面会を警視庁の警察官が拒んだのは面会権侵害として、東京都内の男性弁護士が都に200万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、都に慰謝料10万円の支払いを命じた。畠山稔裁判長は「警察官の対応は職務上の法的義務に背いており、違法行為にあたる」と述べた。

 都側は「任意聴取中の容疑者に弁護士との面会権を保障した規定はない」と主張したが、畠山裁判長は「面会権は刑事訴訟法が保障する弁護人依頼権に含まれる」と指摘。「任意聴取中でも、捜査機関は弁護士から面会の申し出があれば容疑者に伝え、容疑者が希望した場合は措置を講じるべきだ」と述べた。

 判決によると、弁護士は09年4月、板橋署で覚せい剤取締法違反の疑いがあるとして任意聴取を受けていた容疑者への面会を申し出たが、署員は「今は会わせられない」などと拒絶した。【和田武士】

【関連ニュース】
振り込め詐欺:組織の「キング」に賠償命令 被害64人分
野良猫餌付け:将棋の加藤九段に中止などを命じる判決
山口組:組長らを提訴 埼玉の男性「恐喝で会社破綻」
野球部バス横転:死亡部員の母親が損賠提訴
沖縄返還文書訴訟:日米密約認め、国に開示命令 東京地裁

ライター安全規制を決定…既存品の9割以上(読売新聞)
ネット選挙運動「解禁賛成」が過半数(産経新聞)
パワハラでうつ病発症、自殺=市課長の公務災害認定―名古屋高裁(時事通信)
焦土の東京、写真にはっきり=最後の大空襲前後―地図センター(時事通信)
<将棋>3連覇の羽生名人「山あり谷ありの勝負でした」(毎日新聞)

もう1つのサッカーW杯 トルコで28日から“得点王”ら予選突破へ(産経新聞)

 ■弁護士サムライ熱く

 6月11日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会を前に、弁護士界のサッカーW杯も開催される。開催地はトルコで、過去7大会で13得点を挙げた「日本の得点王」、高田豊暢(とよのぶ)弁護士(44)が所属する大阪弁護士会のメンバーを中心とした混成チームも出場する。南米や欧州の強豪チームがしのぎを削るなか、目標は予選突破。チームは15日、滋賀県守山市のグラウンドで最終調整を行った。

 開催されるのは弁護士によるサッカーW杯「MUNDIAVOCAT(ムンディアボカ)」。ラテン語で「世界」を意味する「MUNDI」とフランス語で「弁護士」を意味する「AVOCAT」を組み合わせた造語で、フランスの弁護士らの呼びかけで1983年に始まり、翌84年から2年に1度、世界各地で開かれている。

 15回目となる今大会は5月28日から10日間、トルコで開催され、世界各国から約1500人の弁護士が集結する。約30カ国から50を超えるチームが参加し世界一を目指して“法廷外”の対戦を行うが、本家ワールドカップと同じく、アルゼンチン、イタリアといった南米や欧州のチームが優勝候補だという。

 大会遠征は約2週間の日程。多忙な弁護士にとっては日程調整も難しいが、日本からは高田弁護士が率いる大阪混成チームのほか3チームがエントリー。高田弁護士は、1996年開催の第8回大会から毎回出場しており、攻撃の“司令塔”ミッドフィルダー(MF)として活躍。過去7大会でマークした13得点は日本のチームの中で最高だ。

 高田弁護士は中学から大学までサッカー部に所属。現在は、Jリーグ1部(J1)ガンバ大阪に所属していた元Jリーガーの八十(やそ)祐治弁護士=大阪弁護士会=らとともに月数回、大阪弁護士会サッカー部の練習で汗を流す。

 八十弁護士は日程調整がつかず、本大会には参加できないというが、混成チームのメンバー約10人は15日も、滋賀県守山市内のグラウンドで練習。在日ブラジル人チームと練習試合をし、大会を想定した調整を行った。

 高田弁護士は「得点を決めて予選リーグ突破を果たし、ワールドカップ日本代表の活躍にも弾みをつけたい」と話している。

【関連記事】
JリーグにW杯効果なし?グッズ、放映権売れず採算割れ
本田キーマン期待の裏に危険な香り 孤立、暴走の不安あり
レイプや誘拐の標的…女子アナ行けない危険な南アW杯
岡田ジャパン救世主は…全敗監督の不名誉記録阻止なる?
本田はフル出場、CSKAは1-0で勝利 欧州サッカー
少子化を止めろ!

よみがえれ、星空の思い出=投影機、展示保存へ募金活動―五島プラネタリウム・東京(時事通信)
参院選「情勢厳しい」=小沢、亀井両氏が会談(時事通信)
医療・介護保険外サービスを創出―産業構造ビジョン骨子案(医療介護CBニュース)
「事実を正確に説明」聴取終えた石川議員がコメント(産経新聞)
今年度新製品が130億円寄与―第一三共(医療介護CBニュース)

参院選でHP・ブログ○、メール・ツイッター×(読売新聞)

 与野党は12日午前、「インターネットを使った選挙運動の解禁についての各党協議会」(座長・桜井充民主党参院政策審議会長)を国会内で開き、現在は禁止されているホームページ(HP)とブログの選挙期間中の更新を、夏の参院選から解禁することで大筋合意した。

 候補者を擁立した政党と候補者本人に限って認める。今後、地方選での対応などを詰めたうえで、解禁を最終決定し、今国会中に公職選挙法を改正する方針だ。

 協議会には、民主、社民、国民新、自民、公明、共産、みんなの党など与野党10党の政策責任者らが出席し、HP、ブログ、メール、簡易投稿サイト「ツイッター」の4種類について、解禁の是非を検討した。HPとブログの解禁には異論が出なかったが、メールとツイッターに関しては、「誹謗(ひぼう)・中傷に使われる恐れがある」などの慎重論が多く、見送りとなった。

 桜井氏は協議会終了後、「メール、ツイッターには各党の思いがあった。ただ、将来は各党とも全面解禁で行こうということだった」と記者団に語った。

石原知事、漫画規制案で「非実在青少年って何?」(産経新聞)
<JR埼京線>板橋駅で女性はねられ死亡 ダイヤ乱れる(毎日新聞)
室内から複数足跡 横須賀の男性殺害(産経新聞)
「JAYWALK」中村被告に猶予判決(読売新聞)
検証 医療ツーリズム元年(3)「言葉をつなぐ」(医療介護CBニュース)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。